ブログ

記事:3/31「スポーツ×ビジネス」

〜スポーツビジネスで成功するにはスポーツとは関係のない異業種と連携する〜

日本国内の会社がこれから10年後に残っている可能性は「6.3%」
90%以上の現在ある会社が消えると言われています。

これは、総務省発表のデータです。

スポーツ関連会社だけとのお付き合いだと、かなり厳しいことになります。

 

異業種と組むことで、固定概念をはずせばイノベーションを起こす事ができるはずです。

 

ここでお伝えするスポーツビジネスとは、スポーツが関わるビジネスもそうですが、スポーツという「楽しく遊ぶ」をビジネスに活かし他の企業と連携し、プロジェクトを実行していく内容も含めたものです。

 

デボルターレ(de-por-ta-re)スポーツの語源、「気晴らし」「楽しみ」「遊ぶ」

 

競技や、勝敗だけがスポーツではありません。

 

本来、遊んで楽しむものです。

スポーツには、イキイキ、ワクワクと笑顔にする力があります。

仕事も、スポーツのように楽しみ、夢中にればストレスも少なくなり、健康な人が増えると思います。

 

私たち、一般社団法人日本スポーツプロジェクト協会は、「スポーツの力で活性化」をコンセプトに取り組んでいます。スポーツを軸にどのようにプロジェクトを実行しているかをお伝えしていきます。

スポーツと関係のない経営者やビジネスマンの皆様にも参考にして頂けると嬉しいです。

一般社団法人日本スポーツプロジェクト協会

代表理事 屋比久 隆生

関連記事

  1. 記事:4/1「進化するスポーツ」
  2. 「運動連鎖がパフォーマンスを上げる」
  3. スポーツファーマシスト!?「スポーツの価値」
  4. 新着!9/7「10mタイムランキング」結果(室内ダッシュ大会)
  5. 「特異性の原則」東京オリパラ
  6. 「エンタメ化する健康産業」
  7. 保護中: 「スポーツからビジネスを学ぶ」
  8. 「仕事?スポーツトレーナー」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP