競合が組めばサービスはよくなる。

競合が組めばサービスはよくなる。

こんにちは。

先に、皆様に報告です。

2021年から、スポーツクラブと連携した取り組みを開始します。

スポーツクラブとの連携は、これまでも行ってきましたが、更に広く深く連携して行きます。

本来は、競合であるスポーツクラブ同士が手を組むことで、新たなサービスが提供できそうです。

サービス内容を分かりやすく言うと、「月額料金」で様々なスポーツクラブの練習に参加する事ができます。

現在は、6団体で連携して11種目のスポーツに参加する事ができます。

  1. 陸上
  2. タグラグビー
  3. バドミントン
  4. 野球
  5. Tボール
  6. 卓球
  7. ソフトボール
  8. フットサル
  9. バレー
  10. バスケット
  11. 運動能力アップ教室

サービス名:サブスクチャレンジスポーツ

対象は、小学生ですが、幼児からの受け入れもしているクラブもあります。

また、障がい者の受け入れも可能なコースもありますので、興味がある方は、お問い合わせ頂けると嬉しいです。

(お問合せ・連絡先)

一般社団法人琉球スポーツサポート 

TEL:090-9780-8701(手登根) 

FAX:098-901-7884 メール:info@ryukyuss.net 

ここからが本題の、

-競合が組めばサービスはよくなる-

についてです。

今回の、「サブスクチャレンジスポーツ」の発案者は、琉球スポーツサポートの手登根さんと言う方です。沖縄県の障がい者スポーツと言えば、間違いなくこの方です。

去年の12月頃、手登根さんに招集されミーティングを行い、本日に至ります。

本来は競合であるクラブが集まり、同じ方向のビジネスの話になることは少ないと思います。

何か一緒にできないかな?とかそう言うお話はよくあると思います。

また、企業などではよくあるお話かもしれません。

スポーツ業界は、この辺りがまだまだリテラシーが低いので、本当の意味での連携は少ないと思います。

おそらく、利害関係が明確では無いことが原因だと思います。

今回、このような形がスピーディーに構築できたのは、普段からのコミュニケーションがあったからだと思います。

普段から、必要に応じて協力しあったり、相談したりと繋がりがあったおかげで、お互いを理解しあい、信頼関係があったからこそ、このような新たなサービスへと発展したと思います。

普段は、それぞれのクラブのコンセプトがあり、それぞれの目標へ向かって活動をしていると思います。

それが、一つになった時に、化学反応を起こして、新たなものができると思います。

この企画を皮切りに、クラブ同士の交流を深めて次に繋がるものが、また、新たに生まれそうです。

引き続き宜しくお願いします。

追伸です。

オンラインサロン「J-SPOスポーツイノベーション」は、現在、設計図を描きながら基礎工事中です。

今、現在のオンラインサロンを作るところから記事に残しています。

開設したらご案内しますので、もうしばらくお待ちください。

多分、6月ごろになると思います。

だいぶ先ですね。。。

それには、沢山の言い訳があります。

もちろんポジティブな言い訳です。

言い訳の内容が、そのまま皆様の活動に転用できると思います。

通常のオンラインサロンとは少し違って、システムから開発しているので、かなり時間がかかっています。こちらも、様々な企業と連携して行っているところです。。

ブログで公開できる範囲の内容は、記事にして行きますので宜しくお願いします。

ありがとうございます。

-J-SPOラジオ-ブログ音声はこちら⬇︎

屋比久 隆生

屋比久 隆生

一般社団法人日本スポーツプロジェクト協会代表

コメント

この記事へのコメントはありません。

ブログ

カテゴリー

PAGE TOP