運動不足に努力で臨まない。

おはようございます。

今回は、「運動不足に努力で臨まない」を記事にしてみようと思います。

「努力!」する事自体は、素晴らしいことだと思います。

ただ、「努力!」には、字の如く、ある程度のエネルギーが必要なので、そのエネルギーを継続させる事は中々大変だと思います。

努力で運動不足に向き合うと、人によってはストレスになる事もあります。

運動=ストレス

運動がストレスになると、ストレスに対して努力で臨む事になります。

「精神衛生上良くない」と思います。

運動をして、ストレスも発散したいはずなのに、自らストレスを生み出す事になります。

継続して運動を続けるには「広く浅く」-

運動不足解消が目的であれば、「広く浅く」日常に浸透させた方が継続しやすいです。

喩えば、歯磨きのフォームは、誰かが決めたわけでもないのに、立ってする人が殆どだと思います。

エレベーターやエスカレーターが自動とはいえ、座って利用するようには設計されていません。

こんな感じで「広く浅く」運動になる事があります。

僕自身は、スタンディングデスクでパソコンを使います。

目的は、運動不足解消ではありません。

スタンディングの方が、脳が良く回転してくれるので、長く作業をしてても眠くなりにくいからです。

結果、運動不足解消にもなっています。

努力はしてません。

この記事も立って書いています。

また、座りすぎのリスクについて、「2型糖尿病罹患率や心臓病罹患率」が高いことが報告されていて、肥満度が高く、寿命が短いとも言われています。
厚生労働省ホームページより

-短期目標のダイエットなどであれば努力できる-

生涯、運動にエネルギーを注げるかというと、アスリートでも大変です。

誰でも、気持ちに「波」はあります。

努力を否定しているわけではなくて、短期目標のダイエットなどであれば、頑張れると思います。

でも、それだとリバウンドのリスクもあります。

そろそろ、まとめに入ります。

楽しく無意識に運動習慣が身についてしまえばこっちのもんです。

運動やダイエットが目的ではなく好きなスポーツ(趣味)にハマって、結果ダイエットになる。

カメラが好きな人は、綺麗な景色を撮りに海や山へ行く。

景色を撮る事にハマってたら、結構歩いてたとか。

結果、ウォーキングになります。

ウィンドウショッピングが好きな人は、巨大ショッピングモールに行けば、雨、風を気にせずに歩けます。

ウィンドウショッピング=ウォーキングと、自分で運動のルールを変更してしまえばいいと思います。

「ハマる」は「努力」に勝るです。

「努力」ではなく、「ハマる!」

大人になるとこの気持ちを忘れがちです。

運動指導をしながら、子供達からいつも教えられます。

運動不足にはハマるで臨む!

運動不足だけではなく、様々な事にも当てはまる事だと思います。

試してみてください。

楽しく『ハマる事を!』

ブログ音声はこちら⬇︎ 【J-SPOラジオ】

ブログ

カテゴリー

PAGE TOP