【下部体幹コンディショニング】

【下部体幹コンディショニング】

下部体幹のコンディショニングで、オススメの一つ「リバース・シットアップ」

「骨盤」恥骨側から巻き込む動きをする事で、下部の腹直筋にピンポイントとで刺激が入ります。

腹筋運動に自信のあるアスリートでも、サポートなしで、初めからこの動きができるアスリートは少ないです。

「骨盤」を恥骨側から上部へ巻き込む動きを動画のように動きを入力して、正しいフォームを覚えるコンディショニングを行います。✴︎動画参考

「下部体幹」いわゆる、下腹(下部腹直筋)のコンディショニングにオススメです。

同じような動きで、レッグレイズがありますが、レッグレイズは、運動学で見ると、股関節の屈曲運動です。つまり、腸腰筋へ刺激を入れる運動になります。

もちろん、レッグレイズでも、下部の腹直筋が骨盤を安定させて働いているので、下部腹直筋へ刺激は入りますが、基本的(運動学的)には、腸腰筋の運動がメインです。

下部腹直筋に、刺激を入れるだけが目的ではなく、下部の体幹を「機能的」に向上させたい場合は、

直接、下っ腹に刺激を入れる、リバース・シットアップはオススメです。


コンディショニングプログラム協力:I.ZAC labo

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP